活動報告

【C】2022年度

C-1 職域架橋型コース 6月活動報告

日時
2022年6月11日(土)
2022年6月12日(日)
方法
東京大学本郷キャンパスにて対面開催
  • C-1 職域架橋型コース 6月活動報告
  • C-1 職域架橋型コース 6月活動報告
  • C-1 職域架橋型コース 6月活動報告
  • C-1 職域架橋型コース 6月活動報告
  • C-1 職域架橋型コース 6月活動報告
  • C-1 職域架橋型コース 6月活動報告
  • C-1 職域架橋型コース 6月活動報告

概要

養成コースC 職域・地域架橋型コーディネーター C-1職域架橋型コースの6月講義が開催されました。

6月11日午前 TICPOC C-1コースの趣旨と概要
       TICPOC事務局 笠井清登・濱田純子
6月11日午後 総合病院心理職の仕事と倫理
       国家公務員共済組合連合会虎の門病院 心理部室長 舘野由美子 臨床心理士/公認心理師
       東京医療センター精神科 千葉ちよ 心理療法士
6月12日午前 総合病院精神医学と多職種協働
       東京大学医学部附属病院 近藤伸介 特任講師・市橋香代 特任講師
6月12日午後 トラウマインフォームドケア
       兵庫県こころのケアセンター 亀岡智美 副センター長兼研究部長

受講生の感想

(笠井先生・濱田先生の講義)
TICPOCの目指すもの、プログラムを通して学べることの方向性が確認できました。それぞれの人が持つ「価値」を大切にした支援は、時代・社会状況・個人の成長等によって常に進化することを前提に、両先生の柔軟で広い視座を感じられました。

(舘野先生・千葉先生の講義)
お二方の先生はさまざまに限られた中でも心理職としてできることを探し、ときには工夫を凝らされ、それを続けられていました。そして組織の中でじわじわと、心理職という存在が確かなものになっていった印象をうけました。その中でもやはり、その場に耐えられる心理職としての姿勢の大切さを共通して学ばせていただきました。私も改めて自分の職場での専門性を意識しつつ真摯に仕事に向き合いたいと思いました。

(近藤先生・市橋先生の講義)
お二方の先生のお話を聞いていて共通して思ったことはこころと身体、についてです。精神科医療を通して、はたまた心理士の視点を通して、地域をベースにした支援を通して、どのようにこころと身体を分断させない、こころと身体がつながった支援をしていくのか。皆で考えていかなければいけない課題のように感じながら聞かせていただきました。

(亀岡先生の講義)
トラウマ治療というと、どうしても高度で専門的な治療のイメージが先行していましたが、先生のお話を聞いて、トラウマということを全面に出さずとも、その視点をもって気づいていくことが支援の一歩になると教えていただきました。自分を含めた支援者側のケアの視点や場の安心安全ということも大切にしながら、また明日から私なりに精一杯仕事に向きあおうと思いました。

  
  

C-2 地域連携型コース 5月活動報告

日時
2022年5月21日(土)
2022年5月22日(日)
方法
東京大学本郷キャンパスにて対面開催
  • C-2 地域連携型コース 5月活動報告
  • C-2 地域連携型コース 5月活動報告
  • C-2 地域連携型コース 5月活動報告
  • C-2 地域連携型コース 5月活動報告
  • C-2 地域連携型コース 5月活動報告
  • C-2 地域連携型コース 5月活動報告

概要

養成コースC 職域・地域架橋型コーディネーター C-2地域連携型コースの5月講義が開催されました。

5月21日午前 TICPOC C-2コースの趣旨と概要
       TICPOC事務局 笠井清登・熊倉陽介
5月21日午後 障害の社会モデルから見る学校のバリア
       東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター 星加良司 教授
5月22日午前 意志論のためのエスキス アレント、ヴェルナン、アガンベン
       東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 國分功一郎 教授
5月22日午後 当事者研究の歴史と理念
       東京大学先端科学技術研究センター 熊谷晋一郎 准教授
       自他の身体に関する知識と社会変革:当事者研究とソーシャルマジョリティ
       東京大学先端科学技術研究センター 綾屋紗月 特任講師

受講生の感想

(笠井先生・熊倉先生の講義)
こころの支援は時代や社会と共に変化していくということが印象深く、ミクロとマクロの視点を持つことの大切さを改めて感じた。価値の変容を個人に求めるのではなく、関わる全ての人の価値が変容しうる前提で相対的に考える必要性を感じた。

(星加先生の講義)
自身の持つ価値の偏りに気づくことは、相手への興味関心や対話のきっかけづくりとなり、社会的障壁の背景を知ることや、不要・過剰の改善につながると理解できました。インクルーシブ教育に「ともに在ること」を重視する欧米と「学習権の保証」を重視する日本について、特徴の違いも踏まえ理解することが出来ました。

(國分先生の講義)
自己決定の名の下、個々の過去(物語)は考慮されず、責任は押し付けるか押し付けられるものというあり方が、対人支援のみならず、組織、社会・国家のあり方にまで、入れ子のように続いているという視点は、何やら精神分析的でもあり、興味深く感じた。

(熊谷先生・綾屋先生の講義)
講義を踏まえた上でのマイクロアグレッションを考える時間が大変興味深かったです。最初は私が関わっている当事者間でのことが頭に浮かんだのですが、その後自分にも当てはまることに気付いた時の衝撃は大変大きいものでした。しかし気づきのあと改めてマイクロアグレッションとは何かと自分自身へ問いかけたその答えが見つからず悶々としていたのですが、質疑応答の中にたくさんヒントが見つかりました。そして今日一日を通した学びの中から改めて問いかける必要を感じました。

関連機関